FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在宅医療・在宅療養 ~新たな退院の選択枝として~

どうも。MSW兼事務課長のMです
自分が当クリニックに転職するまで、愛知県の急性期総合病院で7年、岡山でケアミックス医療機関で8年のMSWのキャリアがあり、それなりに「在宅医療」や「自宅での療養生活」を知っていると思い込んでいましたが、それが誤りであったことに気づかされました。急性期の医療機関からみれば退院先の選択枝のひとつである「在宅」がこんなにも可能性を秘めた分野であることなのかを改めて日々のケースを通して学ぶ毎日です。

 医療機関での入院や施設入所はいわば「非日常空間」での生活です。カーテン1枚の環境で縁も所縁もない他人と共同生活をする空間ではじっくり今後の人生を考える余裕もなければ、そんな環境では本音は語れません。一方、在宅は本人が慣れ親しんだ「生活空間」。訪問する医師や関係者は「訪問客」であり、主人公は患者本人であり、患者家族です。在宅療養を選択される患者さんの多くは積極的な治療が困難な場合も多いのですが、家に帰ると(不適切な表現かもしれませんが)活き活きとして在宅生活を楽しんでおられる姿をいくつも垣間見ることができました。お孫さんが小学校から帰ることを自宅のベットのうえで笑顔で迎えること、自分の好みを知り尽くした家族のつくったあたたかい手料理を食べること・・・。何気ない日常のひとコマが在宅療養を支えています。

 国も来るべき超高齢社会を見越して、「在宅医療」を推進しています。社会保障費や医療費削減がその本旨でしょうが、当院は
あるべき姿である、「家でも施設でもその人らしい暮らしを支える医療」を提供することができればと考えています。

今後もこのブログを活用してコラム形式で「在宅」の魅力を発信できればと考えています。乞ご期待! (笑)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

fujitoclstaff

Author:fujitoclstaff
医療法人福寿会藤戸クリニックの
スタッフブログです。
クリニックの日常や診療に関する
トピック、現代社会に関する辛口
コメントなどを掲載予定です。
暖かい目で見守ってくださいね。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。