第7回 ホスピタルデザイン研究会

先日、ホスピタルデザイン研究会にて当院の取り組みを
発表させていただきました。この研究会の”ホスピタルデザイン”とは
医療機関でも患者さんが安心して快適に療養できるとともに、
医療従事者が関わる診断・治療行為に一層専心できるための特色ある
病院の実現をデザインによってサポートする行為のことを指します。

様々なコトをわかりやすく伝えることは非常に重要ですよね。
それは表示であったり説明だったり、場合によってはスタッフ向けの
企業理念もそうでしょう。伝えたいコトをを受け手側に十分理解して
もらうのは容易ではありません。
また、他医療機関の取り組みを聴いて大変勉強になりました。一般企業では
当たり前のことですがこういった面では医療業界は遅れていると感じます。
20200225_01.jpg
20200225_02.jpg

認知症初期集中支援チームの活動紹介へ

倉敷市では「認知症初期集中支援チーム」の設置を倉敷連合医師会へ委託し4チームの医療機関で倉敷市内全域を対象として活動しています。

目的は、「認知症になっても本人の意志が尊重され、出来る限り住み慣れた地域で暮らし続けられるように、早期診断・早期対応に向けた支援を行います。

対象となるのは倉敷市内で生活をされている40歳以上お方で認知症の疑いのある方、認知症のある方です。医療や介護サービスを利用されているもしくは、中断している方や認知症状が悪化して対応に悩んでいるなど、ご本人やご家族と一緒に考えていきます。

《 チーム構成 》

片山内科クリニック・倉敷スイートホスピタル・しげい病院・藤戸クリニック

  医療職及び介護職の専門職2名以上の計3名以上の専門職にて編成

多職種で連携を図ることでより多くの視点でアセスメント・検討すること、それぞれの役割分担を明確にし支援方法を検討していくことが出来ます。

高齢者の増加に伴い認知症疾患者は増加していきます。チームの活動を知っていただくことで地域での困り事や多職種での支援を、より専門性を活かして地域に貢献していければと思います。

一人でも多くの方が孤立せずに、その人らしく暮らせる地域社会を一緒に作っていけれるよう支援をいたします。
20200217_01.jpg
20200217_02.jpg
20200217_03.jpg

【わが街健康プロジェクトに参加】

倉敷市を中心として25の医療機関で共催しているプロジェクトへ藤戸クリニックからも
参加させていただいています。

活動テーマは次の3つです。
①医療機関と上手に付き合う。
②病気の予防と健康維持
③倉敷をもっと好きになる。

今回はイオン倉敷にてセントラルコートやイオンホールのスペースをお借りして
活動報告や学生から応募したポスター掲示と投票、健康相談やミニイベントを開催。
倉敷キャラクターのくらちゃんも登場し小さなお子さんにも好評でした。
また、今回は倉敷中央病院付属予防医療プラザより所長の菊辻徹先生と
倉敷市保健所より保健師の三宅裕美先生との2本立て講演も好評で、多くの方が
予防医療や健康に過ごすために医療機関とのお付き合いについて聞き入っていました。
今後も地域の方々と一緒に、医療機関と『ONE TEAM』となって活動へ参加して
いきたいと思います。
20200210_02.jpg
20200210_01.jpg

藤戸クリニック便り

新年明けまして、おめでとうございます。
本年最初の「藤戸クリニック便り」です。
本年も、よろしくお願い申し上げます。

20200110_01.jpg
20200110_02.jpg

倉敷もの忘れ・認知症事例検討会で発表させていただきました!

この度、当院で活動を行っている『認知症初期集中支援チーム』の活動事例を紹介する機会をいただきました。
もの忘れかな?認知症の症状かな?等々の悩みを相談受け、チームが介入し本人や家族が必要としているサービスへ繋げることが出来た事例です。
大勢の方の前でお話するのは大変緊張しましたが、色々な方のご意見や感想を聞くことができたので良かったです。
やっぱり人とのご縁はどこで繋がっているかわからないです。顔の見える関係作りは難しいですが、楽しい気持ちになるので今年最後の大仕事は貴重な機会となりました。
IMG_2682.jpg
IMG_2674.jpg
IMG_2669.jpg
プロフィール

fujitoclstaff

Author:fujitoclstaff
医療法人福寿会
藤戸クリニックの
スタッフブログです。
クリニックの日常や診療に
関するトピック、現代社会に
関する辛口コメントなどを
掲載予定です。
暖かい目で見守って
くださいね。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる